コロナ禍に「IT導入補助金2020」を賢く活用する‼️その二

厚生労働省「医療機関・薬局等における感染拡大防止等支援事業」

新型コロナ感染症の院内等での感染防止を防ぐための取り組みをする病院や診療所などに対して感染拡大防止対策や診療体制確保などに必要な費用を補助します。電話等情報通信機器を用いた診療体制の確保にも適用されます。

補助を受けるには都道府県に申請書を届ける必要があります。申請方法は各都道府県で異なりますので、ご注意ください。

詳細は以下をご参照ください。

https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000655344.pdf


〇公益財団法人東京都中小企業振興公社のBCP(事業継続計画 Business Continuity Plan)に関する補助金

https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/setsubijosei/bcp.html

同公社の総合支援課が実施する「BCP」策定支援講座を受講して、中小企業強靭化法に基づく「事業継続力強化計画」の 認定を受けたBCPを策定するなどの要件を満たす必要があります。

 

■経済産業省と独立行政法人中小企業基盤整備機構は、「令和元年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金2020)」で、中小企業や小規模事業者がITツールを導入するため経費の一部を補助しています。補助率は費用の2分の1以下、最大450万円が補助されます。

「IT導入補助金2020」の補助対象にこのほど、メディカル・データ・ビジョンのDPC分析ベンチマークシステム「EVE」、病院向け経営支援システム「Medical Code」、レセプト・査定分析サービス「MDV Assessment Analyzer(A2)」が選定されました。

■「IT導入補助金2020」のウエブサイトは以下、
https://www.it-hojo.jp/

■登録されたMDV会社概要
https://portal.it-hojo.jp/r1/search/detail?id=a122y0000008szxAAA&ittoolconditions1=%E5%8C%BB%E7%99%82%E6%A5%AD%E5%90%91%E3%81%91&ittoolconditions2=

■A2の案内ページ
https://portal.it-hojo.jp/r1/search/ittools/detail?id=a102y000000MkmxAAC&ittoolconditions1=%E5%8C%BB%E7%99%82%E6%A5%AD%E5%90%91%E3%81%91&ittoolconditions2=

コロナ禍に「IT導入補助金2020」を賢く活用する‼︎

経済産業省と独立行政法人中小企業基盤整備機構は、「令和元年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金2020)」で、中小企業や小規模事業者がITツールを導入するため経費の一部を補助しています。補助率は費用の2分の1以下、最大450万円が補助されます。

「IT導入補助金2020」の補助対象にこのほど、メディカル・データ・ビジョンのDPC分析ベンチマークシステム「EVE」、病院向け経営支援システム「Medical Code」、レセプト・査定分析サービス「MDV Assessment Analyzer(A2)」が選定されました。

 

■「IT導入補助金2020」のウエブサイトは以下、
https://www.it-hojo.jp/

■登録されたMDV会社概要

https://portal.it-hojo.jp/r1/search/detail?id=a122y0000008szxAAA&ittoolconditions1=%E5%8C%BB%E7%99%82%E6%A5%AD%E5%90%91%E3%81%91&ittoolconditions2=

■A2の案内ページ

https://portal.it-hojo.jp/r1/search/ittools/detail?id=a102y000000MkmxAAC&ittoolconditions1=%E5%8C%BB%E7%99%82%E6%A5%AD%E5%90%91%E3%81%91&ittoolconditions2=

理事長・院長 限定セミナー(8/25)

 <<お申込みフォーム>>
  ※お申込みは締め切りました。多くのお申込み、ありがとうございました

◆開催日程:2020年8月25日(火)15:15~17:10
◆開催形式:WEBセミナー(ライブ配信)
◆受講対象:全国ユーザ病院の理事長、院長、副院長など経営者層 ※先着100名様!
◆受講料:無償
◆申込期限:8月18日(火)17:00まで

◆―――――――◆―――――――◆ 講 師 ◆―――――――◆―――――――◆

『コロナ感染症と急性期病院の経営対策』

第1部(60分)
 テーマ:新型コロナウイルスによる急性期病院の収益減をどう回復していくのか
~ピンチをチャンスに変える具体的な収益増収対策を考える〜
株式会社MMオフィス 代表取締役 工藤 高 氏
第2部(40分)
 演題:新型コロナウイルス感染症に対応した診療報酬上の特例措置と医療機関への支援
週刊社会保障 副主幹 高木 信昭 氏

MDV企画部

急性期病院、5月外来収益2桁減少 患者数・収益とも前月比減少幅拡大

メディカル・データ・ビジョンは新型コロナウイルス感染拡大下の病院経営の現状を、当社がデータ提供医療機関から二次利用の許諾を得た匿名加工情報を用いて集計し、「新型コロナウイルス緊急レポート」としてまとめました。 その結果、5月度は外来収益が前年同月比16.3ポイント減少するなど、入院・外来ともに患者数・収益が減少した上に、前月と比べて、減少幅が拡大したことが分かりました。

また、主要診断群(MDC2)別の新入院患者数を見ると、「15.小児」で半減、「03.耳鼻咽喉科」「04.呼吸器」で40%以上減少しているほか、18の主要診断群全てで減少していることが分かりました。

もっと詳しくはこちらから↓↓

コロナ戦記vol.1 院内感染を乗り切った東京都立墨東病院 筒井健治事務局長

中国・武漢からの政府チャーター機で帰国したCOVID-19患者(疑いを含む)の引き受けは、想定外の対応に苦慮した。筒井事務局長は「ともかく時間が読めなかった」と振り返る。

もっと詳しくはこちらから↓↓

迫られるコロナ対応 緊急病院アンケート

新型コロナウイルス感染拡大下の病院経営の現状を、当社がデータ提供医療機関から二次利用の許諾を得た匿名加工情報を用いて集計し、「新型コロナウイルス緊急レポート」としてまとめました。

もっと詳しくはこちらから↓↓

「新型コロナウイルス 緊急レポート」(6月・7月・8月)全3回シリーズ

新型コロナ感染拡大下の 病院経営の現状を可視化

日本の医療にいま、 どのような変化が起きているのか。 新型コロナ感染拡大下での 医療の変容を可視化するレポートを 3回シリーズで提供

もっと詳しくはこちらから↓↓

病院経営レポート「Vision」

毎月の経営状況が 一目で分かるレポート

「帳票作成に時間がかかる」、 「作ったのに分かりにくいと言われた」。 そのようなお悩みを解決する「Vision」。 把握すべき月次経営指標を網羅しており、 経営会議などの資料として、 そのままご活用いただけます。

もっと詳しくはこちらから↓↓

看護必要度の正確な記録と適正評価を支援する クラウド型看護必要度分析アプリケーション「カンゴッチ+(プラス)」

928病院が利用した 看護必要度分析アプリケーション

看護必要度の煩雑なチェック作業を軽減するHファイルの入力チェック機能や、DPCデータから看護必要度Ⅰ、Ⅱを試算する従来の機能が、より便利に使いやすくなっただけでなく、各種新機能の搭載によりさまざまな角度から看護必要度の傾向を可視化し、詳細な分析を可能にするアプリケーションです。

クラウド型サービスのため、インターネットに接続可能な端末であれば院内のどこからでもアクセスでき、ソフトウェアの更新作業といった手間もかかりません。
また、制度改定などにも迅速な対応が可能となり、常に最新の情報で分析することができます。

もっと詳しくはこちらから↓↓

投稿はありません。

MENU