データ精度を高めて入院料や加算を維持!

Hファイル・EFファイルのチェック

患者別に看護必要度の記録を可視化します。DPCデータ(様式1、EFファイル)を用いて、Hファイル(A項目とC項目)でのオーダー漏れや評価漏れがないか可視化し、「どの評価項目」で「どのような理由」の過小・過大が発生しているのかを確認できます。月途中でも、病棟単位、症例単位、日単位で確認できるため、日常的にチェックし適切な看護必要度の評価につなげることができます。

さまざまな該当基準で、看護必要度ⅠとⅡが試算・比較できる!

看護必要度Ⅰ・Ⅱの試算

厚生労働省公表のマスタを使用し、DPCデータ(Hファイル、EFファイル)から看護必要度Ⅰ、Ⅱを試算します。入院料、病棟、診療科、症例単位まで確認できるため、病院内の傾向を把握し、具体的な対策につなげます。

さらに詳しくはこちらから↓↓